ライフ

謹賀新年の意味するところは?いつまで使える言葉なの?

パソコンで作る年賀状、
文面には「謹賀新年」や「賀正」などの言葉がよく入ってますよね。

あの言葉を「賀詞(がし)」と言いますが、
考えてみるとその意味や使い方を案外知らなかったりします。

それぞれの言葉の意味は?
選び方の注意点は?
いつまで使える言葉なのか?

しかもこの賀詞、選び方によっては
相手に失礼になることもあるんです。

そんな賀詞のいろいろな疑問について調べてみました。

スポンサーリンク

賀詞とは

年賀状に書く「謹賀新年」や「賀正」などの言葉を
賀詞と呼ぶと書きましたが、
この賀詞は、祝いの言葉という意味があります。

賀詞はもともと、時期に関係なく使われるものですが、
今は年賀状に書くものを多く言うようになっています。

よく使われる賀詞の意味

賀詞にはいろいろありますが、
よく使われる賀詞とその意味は、
以下のような感じです。

4文字のもの
「謹賀新年」つつしんで新年のお祝いを申し上げます。
「謹賀新春」つつしんで新春のお祝いを申し上げます。
「恭賀新年」うやうやしく新年のお祝いを申し上げます。

2文字のもの
「賀正」正月を祝います。
「新春」新しい年です。
「迎春」新年を迎えます。

1文字のもの
「福」幸せ。
「賀」祝い。
「春」新年。

これを見るとなんとなく分かるのですが、
じつは2文字、1文字の賀詞は、
4文字のものを簡略化したものなんですね。

相手によっては使えない賀詞

上にも書いた通り、
2文字・1文字の賀詞は、4文字のを略したものです。

そのため、年上の方などに送る年賀状に
2文字・1文字賀詞を書くことは
失礼にあたります

そんな失敗をしないためにも、
敬意を払う相手や目上の方には、
4文字の賀詞を選ぶようにしましょう

スポンサーリンク

賀詞はいつまで使えるのか

次は、賀詞が使える期間についてです。
賀詞は正月何日まで使える言葉なのでしょうか?

それは正月の門松(かどまつ)を
飾っておく期間である松の内の間までです。

松の内は関東では1月7日・関西では1月15日です。
(細かくは地域によって変わります)

しかしそれぞれの地域の松の内を考慮するよりは、
1月7日までに届く年賀状に使う言葉、
と考えた方が間違いは少ないでしょう。

まとめ

今まで何気なく使ってた2文字の賀詞が、
目上の方には失礼になるなんて、
聞いてはじめて知ったという感じですね。

年賀状作りは以前にくらべ便利になりましたが、
基本的な部分を案外知らなかったりするものですね。

-ライフ

© 2020 たきとまち