ライフ

新年の挨拶はメールでもいいの?上司に送る場合のポイント

会社の上司への新年の挨拶、特に新入社員の方は、どうすればいいのか迷うかもしれません。

会社でメールが普通に使われてるので、メールではいけないのか?
それとも年賀状でないといけないのか?

そんな迷いがちな、上司への新年の挨拶について、メールの場合のポイントを中心に紹介します。

また、LINEなどのSNSを使うことについても書いています。

スポンサーリンク

新年の挨拶は直接会って行うのが基本

まず基本的に、上司への新年の挨拶は直接会って行うものだということを念頭においておきましょう。

もちろん、年賀状を送るという方法もありますが、最近は虚礼廃止ということで、上司に年賀状を送らない習慣の会社も増えてます。

そのため実際的な新年の挨拶は、仕事始めの日に、会社で直接顔を合わせて行うのが一般的になってきています。

メールでの新年の挨拶はどのような時にするのか?

では、メールで上司に新年の挨拶をするのは、どういった場合なのでしょうか。

それは、上司が普段遠くにいて直接会えず、また住所も分からないといった場合です。

それ以外で、新年の挨拶をメールで送ると、直接会いににこないで手を抜いてる、といった印象を与えてしまうおそれがあります。

まずは職場の人に確認を

しかしメールで挨拶を送らない会社が多い、とは言っても全ての会社がそうであるとは限りません。

そのため大切なのは、自分の職場の同僚や周りの人に、実際どうしてるかを確認することです。

聞く場合は、送ってる送ってないだけでなく、どういったことを書いてるかなども、参考として聞いておきましょう。

メールで上司へ新年の挨拶をする方法

ではメールで上司に新年の挨拶をする時の、方法や注意点などについて書きます。

メールを出す日にち

まずはメールを出す日にちです。

年賀状は1月7日までに出すのが礼儀ですが、メールでの新年の挨拶は、仕事始めの日に出せばよいでしょう。

仕事始めが1月7日より早くても遅くても、それは変わりません。

もし上司のいる部署の仕事始めが、自分の部署より早かったとしても、上司も各部署の事情をご存じのはずなので、問題はないでしょう。

スポンサーリンク

新年の挨拶メールの内容

次にメールの内容ですが、以下の項目を含んだ内容を簡略に書きます。

  • 新年のあいさつ
  • 昨年のお礼
  • 今年の抱負
  • 今年もお願いしますという締めの言葉

たとえば以下のような感じですね。

例文

件名:謹んで新年のごあいさつを申し上げます

○○営業部長

△△課の□□です。
新年明けましておめでとうございます。

昨年はXXの件など、大変お世話になりありがとうございました。

今年も一層の努力をしていく所存ですので、変わらぬご指導のほどよろしくお願いいたします。

□□□□(自分の名前)

なお、このメールはあくまでも新年の挨拶なので、仕事に関する内容は書かないようにし、書く場合は別のメールで出しましょう。

また、上の内容をあらかじめ紙に書いておき、会社ではそれを打つだけにしておけば、メール作成に時間を取られず済みますよ。

LINEなどSNSでの新年の挨拶は?

Email

最近は、メールアドレスとは別に、会社のやりとりにLINEなどのSNSを使うことも増えています。

SNSは手軽にメッセージが送れるので、ふだんのやりとりには重宝しますが、これを使って上司に新年の挨拶を送るのは少し注意が必要です。

SNSはPCのメールに比べると、やはり略式な連絡手段、というイメージが強いです。

そのため、SNSで新年の挨拶を送ってしまうと、とりあえず新年のメッセージを送ってきた、と思われる可能性があります。

また、正月の休暇中は仕事のことから離れたいという上司もいることを考えておきましょう。

上司と仲がよく、普段から個人的な話をSNSでやりとりしてる関係なら問題ないでしょうが、そうでない場合は、控えた方がいいかもしれません。

まとめ

以上、メールで上司に新年の挨拶を送る際の注意点などを中心に書きました。

メールやSNSは普段の連絡には便利ですが、新年の挨拶は直接会ってするのが基本ですね。

-ライフ

© 2020 たきとまち