ライフ

正月飾りはいつからいつまで飾るもの?関東と関西の違いは?

年末になると正月飾りが出始めますね。

門松(かどまつ)しめ飾り鏡餅(かがみもち)
正月飾りの主なものといえばこの3つですね。

ところでこの正月飾り、
いつからいつまで飾っておくものなのでしょうか?

またそれぞれの意味合いや由来は?

そんな、毎年見かけるわりに案外知らない、
正月飾りについて調べてみました。

スポンサーリンク

 

正月は年神様が降りてくる期間

正月は年神様が天上から降りてくる期間、
と古来から日本で信じられています。

年神様とは、
農耕をつかさどる神様で、
豊作をもたらす神様です。

その年神様を迎えるために用いるのが、
門松・しめ飾り・鏡餅などの正月飾りです。

門松(かどまつ)

門松の意味合いと由来

門松は、
正月に降りてきた年神様の依り代(よりしろ)とされてます。

依り代とは、
神様が現れるときに宿るものや場所のことを指します。

平安時代以前は松ではなく、
杉や樫(かし)などが用いられてました。

それが、神の宿る木とされていた松、
また神様を「待つ」という文字を掛けて
松(まつ)が使われるようになったそうです。

また鎌倉時代からは、
長寿につながるということから
竹が加えられました。

門松の飾り方

門松は玄関前や門前に左右1本ずつ飾ります。
左を雄松(おまつ)、右を雌松(めまつ)と言います。

ただし、
江戸時代以前は1本だったことから、
1本でもよいともされています

また最近は、環境保護ということで、
役所が門松の印刷されたポスターを配布したり、
サイトでダウンロードできるようになっていて、
それを貼って済ませることも多くなっています。

ちなみにネットで「門松カード」と検索すると、
それら印刷用データが多く入手できます。

門松を飾る期間

門松を飾っておく期間は一般的に、
以下のようになっています。

  • 飾り始め:12月20日~28日および30日
  • 片付け:関東1月7日・関西1月15日

この期間を松の内と言い。
年神様が降りてくるのを歓迎する期間とされています。

関東と関西では松の内の終わりが違うため、
片付けの時期も1週間ほど差があります。

飾り始めに12月29日と31日が含まれてないのは、

29日:「二十九」の文字が二重苦苦立てに通じるため
31日:元旦までの時間が少なく一夜飾り一夜松となるため

といった理由からです。

また片付け終わった門松は、
1月15日左義長(さぎちょう)あるいはどんど焼き
と言う神社の火祭りで燃やしてもらいます

しめ飾り(注連飾り)

しめ飾りの意味合いと由来

しめ飾りは、
年神様を迎えるのにふさわしい、
神聖な場所をつくるためのものです。

もともと神社の注連縄(しめなわ)から来ていて、
神の世界と現世を分けるため、
つまり結界を張るために用いられます。

昔は家庭でも、松の内のあいだ、
注連縄を張っていたそうですが、
簡略化され今のしめ飾りに変わりました。

ちなみに、
注連縄の由来は古事記や日本書紀にあります。

あるとき天照大神(あまてらすおおみかみ)が、
弟のスサノオの横暴ぶりを見かねて、
天の岩戸(あまのいわと)に隠れてしまいました。

他の神々がなんとか天照大神を外に誘い出し、
そのすきに入口に縄を張って、
再び岩戸に隠れられないようにしました。

その時の縄が注連縄のはじまりと言われています。

しめ飾りの飾り方と、飾る期間

しめ飾りは玄関や家の神棚に飾ります。

飾る期間は、門松と同じで

  • 飾り始め:12月20日~28日と30日
  • 片付け:関東1月7日・関西1月15日

です。

また門松と同じように、
12月29日と31日に飾るのは避けるべき
とされています。

片付けた、しめ飾りは門松と同じように、
1月15日の左義長の日に、
神社に持って行き燃やしてもらいます。

スポンサーリンク

鏡餅(かがみもち)

鏡餅の意味合いと由来

鏡餅は、
正月に降りて来た年神様への捧げ物です。

鏡開きの日に、その供えた餅を食べることで、
一年の無病息災を祈願します。

鏡餅の由来は、
固い餅を食べる中国の元旦の習慣から来ていて、
それが日本に伝わり、室町時代に今のような鏡餅になりました。

また鏡餅という名前は、昔の鏡から来ています。

古来日本では、
鏡に神様が宿ると信じられていて
それが鏡(かがみ)餅の名前となりました。

形も当時の鏡が円形だったことから、
鏡餅も丸い形になったと言われています。

https://ja.wikipedia.org/

そして、
あのふくらんだ形状は人の心臓を表し、
大小2つ重ねるのは、日(陽)と月(陰)の、
福と徳が重なり縁起が良いとされたからです。

鏡餅の飾り方

鏡餅は、
大きなものを床の間に飾り、
小さなものを各部屋に飾ります。

しかし最近では、住宅事情や家族環境もあり、
置き場所にはこだわらなくなっています。

また需要の関係で年々サイズが小さくなっていく一方、
縁起物や干支などのフィギアが付いたものは、
こども向けに毎年人気があります。

 

鏡餅を飾る期間

鏡餅の飾り始めは12月28日が一番よいとされています。

8という数字が、末広がりの「八」に当たるのがその理由です。

また、門松やしめ飾りと同じように、
29日は苦餅31日は一夜餅
となるので避けるべきとされてます。

そして、1月11日の鏡開きまで飾ります。

まとめ

正月飾りの門松、しめ飾り、鏡餅。

それぞれがバラバラにあるのではなく、

  • しめ飾りで結界を張り家を清め、
  • 門松を目印に年神様に来てもらい、
  • 鏡餅を年神様の供え物とし福をいただく。

といった一連のストーリーがあるんですね。

時代の流れで以前と変わってはきてますが、
こういった日本的な風習は残していきたいものですね。

-ライフ

© 2020 たきとまち