FireTV デジタル系

Fire TV Stickをカプセルホテル「安心お宿プレミア新橋汐留店」で使ってみた

安心お宿プレミアム新橋汐留店
FireStickTV 持ち運びにもぴったり

自宅など決まった場所で使用することが多いAmazonのFire TV Stickですが、
外出先でもちゃんと使えるのだろうかと、今回東京のカプセルホテルで試してみました。

スポンサーリンク

「安心お宿 プレミア新橋汐留店」で使ってみました

「安心お宿 プレミア新橋汐留店」について

行ってきたのは、豪華カプセル「安心お宿 プレミア新橋汐留店」。

現在「新橋汐留店」は、コロナ感染拡大防止のため、2020年4月5日から当面の間臨時休業となっています。近隣の「新橋駅前店」は営業しているそうです。(2021年8月)

安心お宿新橋汐留店HP
安心お宿プレミアム新橋汐留店
写真は公式HPより

東京のJR新橋駅から歩いて4分くらい、東京メトロ銀座線 新橋駅から7分くらいのところにあります。
(アクセス方法はこちら公式ページを)

値段は1泊4,980円(税込み)(2017年)と、一般のカプセルホテルに比べると少し高めですが、その分豪華で一昔前のカプセルホテルとは全く違う快適さがあります。

特にこの新橋汐留店は、安心お宿プレミアの中でも、2016年末と、最近開店した店舗で、他店舗より設備が充実しているとのことです。(2017年当時)

朝のパン・おにぎりサービスや、チェックアウトが15時までと長かったりでなにかと便利なカプセルです。

ロッカールームも広めで使いやすかったです。

難点はエレベーターが1つしかなく、時間によってなかなか来ないことくらいでした。
(屋外非常階段を使っての上り下りは可能です)

少し長くなりましたが、以下、安心お宿 新橋汐留店でのFire TV Stick使用法について紹介します。

Fire TV Stickを室内TVに設置

室内はこんな感じです。

左手の壁にあるのが液晶テレビです。
(部屋によって取り付け位置が違うこともあるようです)
新橋汐留店カプセル内

テレビはアームで壁に取り付けられており、ある程度自由に向きを変えられます。

裏側はこんな感じ。

東芝テレビ裏側

(テレビ裏側にホコリがたまっていることもあるため、タオルなど拭えるものを用意しておくことをおすすめします)

テレビの型式は東芝レグザ「24S11」でした。

東芝24S11銘板

テレビの裏側の端子部分には、Fire TV設置に必要なHDMIが2つとUSBが1つありました。
(左側の「HDMI 1」は安心お宿のタブレットにつながってます)

24S11 HDMIとUSB

この端子に、Fire TV Stick本体(スティック)と電源供給用USBケーブルを接続しました。

テレビへのFireTV接続3

「HDMI 1」と「HDMI 2」に間隔があったので、他のケーブル類を外さずなんとか設置できました。

写真では少し分かりにくいですが、もともと刺さってる安心お宿のHDMIケーブル直下にある「USB」に電源供給用Micro USBケーブルを、「HDMI 2」にFire TV本体を、接続しています。

テレビへのFireTV接続3

USB端子から十分な電力が得られたため、USB用電源アダプタは別途必要ありませんでした。

Micro USBケーブルはFireTV Stick付属の150cmのものを使いましたが、市販の20~30cmくらいのものでも長さ的には大丈夫だと思います。

(ただしMicro USBケーブルの中には、電源供給がちゃんとできないものも売られてるようなので、あらかじめ自宅などで動作確認しておくのがいいでしょう)

設置後のWi-Fi設定

Fire TV設置完了後、テレビの電源をつけ、リモコンの「入力切換」ボタンを押します。

安心お宿のテレビリモコン 入力切替

その「入力切換」をまた何回か押し、Fire TV Stickを刺した「HDMI 2」を選択します。

レグザ入力切り替えHDM!2に

するとFire TVの画面が表示されます。

しかし、そのままではWi-Fiに未接続なので、「設定」→「ネットワーク」で設定をします。

安心お宿FIreTV wifi設定

ネットワークに表示される一覧から、「ANSHIN-OYADO-(階数)F」を選択し、受付けでもらった案内に書かれてるWi-Fiパスワードを入力します。

fireTVパスワード入力

「接続済み」と表示されれば設定完了です。

安心お宿 fireTV ネットワーク接続完了

これでFire TVのホーム画面が表示されました。

動画の遅延もなくスムーズに鑑賞できました。

安心お宿のFireTV設定完了

使用後の撤去方法

使用後は、本体とケーブルを抜くだけで撤去完了です。

もともと刺さっていたケーブルを設置時に抜いていた場合は、忘れずに元に戻しておきましょう。

Wi-Fi設定も消去したい場合は、以下の記事をご覧ください。

まとめ

古いカプセルホテルなどでは、テレビが壁埋め込み型などでFireTVを設置できないことがよくあります。

しかし安心お宿は、テレビにアームが付いていて移動できるため、FIre TV Stickを設置して問題なく使うことができました。

FIre TV Stick を見るために持参するものは以下の3つです。

スティック本体
USB電源ケーブル
リモコン

(スマホアプリでリモコンを代用するのであればさらに荷物が減るかもしれません)

-FireTV, デジタル系